法人の種類

法人とは

ブリタニカ国際大百科事典 より

一定の社会的活動を営む組織体で,法律により特に権利能力を認められたものをいう。

たとえば会社,労働組合私立学校,神社などが法人である。法人は,その内部組織によって社団法人財団法人に分けられる。社団法人のうち営利を目的とするものを会社といい,公益を目的とするものを公益社団法人 (または狭義の社団法人) という。法人は民法その他の法律によらなければ設立することはできない (民法 33) 。その活動は代表機関 (理事監事など) の行為によって行われるが,代表機関が法人設立の目的の範囲内で行なった行為の効果は直接法人に帰属する。また法人の機関が事業遂行上,他人に与えた損害については,法人が賠償義務を負う。法人は解散によって法人格を失い,残余財産清算のための清算法人となる。狭義には,法人とは,民法上の法人である財団法人と公益社団法人のみをさす。

企業とは

企業とは、個人が営んでいる事業や集団で資金を募って形成された組織などの、経済的な活動をしている主体をさします。間違いやすいですが、法人だけではなく個人事業主も企業のうちに含まれます。

・ 会社
・ 会社以外の法人
・ 個人の経営する店や事務所

企業は「法人」と「個人事業」を包括した概念です。

タイトルとURLをコピーしました